horidasi

掘り出し物の土地はありますか?
他にもっと良い土地はありませんか?

土地探しのご相談を受けている中で、よくこのような事を聞かれます。

その前にまず、あなたは下記のどちら派で、何を重視して土地を探されていますか?

1.オリジナルの家を建てて、資産としての価値がないと満足しない方。     ・・・家は資産派

2.オリジナルの家を建てて、愛着を持ち資産価値より生活の充実度を優先する方。・・・家は自己満足派

両方の方もいらっしゃるでしょうが、「家は資産派」と「家は自己満足派」の2派でお話を進めていきます。

「家は資産派」の方にとっての掘り出し物

駅から近い・土地の形が整形地・前面道路が広い・間口が広い・南向き・見晴らしが良く風通しが良い・広すぎず狭すぎない・街並みが整った人気の住宅地内・道路との高低差が無い・近くに高い建物が建つ心配がない・人気の小中学校の校区などの条件が挙げられます。

持ち家(土地)を資産と考えて土地選びをする方は確かに多いです。
しかし、選ぶ基準をそのことばかりに囚われて探すということは、一般的に良い土地であっても、その人のライフスタイルに合っていなかったり、予算をオーバーしたり、自身で選択肢を狭めている結果になっている方もおられます。

よく考えてみれば分かることですが、誰が見ても安くて、良い土地というものは、市場に出る前に業者間で取引されることが多いです。
「家は資産派」の方に入る情報は、それから後になることが多いので、業者が買い取りするような価格ではなかなか手に入りにくいので、結果的に相応の価格でのご購入になります。

「家は自己満足派」の方にとっての掘り出し物

一般に資産価値の高い土地とは真逆の条件の土地を購入する方とは

電車は使わないので駅から遠くてもよい。
土地の形状は設計でカバーする。
前面道路が広いと車の往来が激しいので、狭くてもよい。
日当たりが良すぎても夏が暑いので、北向きでも構わない。
ガレージハウスを計画中なので、広めの土地が欲しい。
人気の住宅地は割高感があるし、固定資産税が高めなのでやめときます。
道路との高低差は、それを活かした個性的な外観設計を考えています。

というようなお考えの方がいらっしゃいます。

価格の安い土地には、必ず安い理由があります。
その理由をきちんとわかった上で、「自分たちにとって、それは特にデメリットではないな」と思える土地が、あなたにとっての掘り出し物の土地です。

例えば、北向きで1階の日当たりの悪い土地・・・
「昼間はほとんど家にいないから構わない」とか「1階は寝室にして、2階にリビングにするから気にしない」とか

前面道路が狭くて、車の出し入れがしにくい・・・
「車を持っていないから気にしない」とか

お墓の隣地も敬遠されがちなので、値段が安めですが、あまり気にしないという方には、お買い得かもしれませんし。

または、変形した土地や傾斜地は、相場より安めですし、設計や施工に工夫を加えれば個性的な建物が建ちますので、土地と建物の費用の合計が予算に収まるならば、その土地はお買い得な土地と言えるでしょう。

まとめ

家の資産価値ばかり考えて土地探しをすると、本来の家を建てる目的を見失う危険性がある。
まずは自分たちの生活様式や価値観をよく精査した上で、柔軟な姿勢を持って焦らずに探すことです。

土地も一生の伴侶との出会いに似たものがありまして、資産価値に限らず「こんな素敵な土地が!?」とその人が感じる土地については、掘り出し物の土地といえますね。

気になる土地を見つけたら、建築の専門家に相談するのが良いですよ。

私が相談にのります、お気軽にどうぞ
無料相談受付中です—>https://www.maruwa-home.co.jp/study-meeting