introduction-1

夢咲案内人の佐々岡です。

家を建てる時、「土地を先に決めるのがいいのか」、「建築会社を先に決めるのがいいか」どちらが良い家を建てられるのでしょうか?

この課題には明確な答えがあり、この順番を間違えて、家づくりに大きく不都合が出たという方が大勢いらっしゃいます。

この「土地を先に決めるのか」、「建築会社を先に決めるのがいいのか」はとても重要ですので、これから家づくりを始める、始めたばかりという方はぜひ参考にしてください。

建築会社を先に決めましょう

introduction-2

土地探しから家づくりを始めると、建築会社探しは土地を買ってからと思ってしまいがちですが、実は「建築会社を先に決める」方が良い家を建てられる可能性がずっと高くなります。

では、なぜ建築会社を先に決めた方がいいのでしょうか?

普通に考えれば、家を建てる土地を先に決めてから家を建てる建築会社を決めるという流れになりそうです。

ですが、ここに家づくりの失敗が隠されているのです。

家づくりの総額は土地と建物と諸費用の合計金額です

家づくりの総額がハッキリしたら、つぎは予算の配分です。坪単価いくらの家で、何坪にするのか?建物以外の費用は、どんなものがあって、いくらかかるのか?また通常、坪単価いくらという中には、外構費用、家具、カーテン、照明器具などは含まれていないので、それらの費用は、あといくらかかるのか?そうしたことを考えないとなりません。

また、住宅ローン借り入れに当たって、ローン手続き費用とか、建物の登記費用とかもかかります。引っ越し代や仮住まいの費用が必要な場合もあります。

よく土地のない人で失敗するのが、「総額いくらまでの家づくり」が可能なのかといったファイナンシャルプランの見直しをするまえに、「予算以上」の土地を購入してしまうケースです。

家が欲しい訳ですから、まずどんな家で、何坪なのか?その他の費用はいくらかかるのか?総額の予算から、それらの費用を引いた残りが「土地予算」になる訳です。

その「土地予算」で、買える土地以上のものを先に買ってしまったら、家は建たない。というのが、紛れもない事実なのです。

土地を先に購入した場合

犬川さんが土地を探しに不動産会社を訪れました。

不動産会社の猫山さん
いらっしゃいませニャ~。

家を建てたい犬川さん
家を建てたいので土地を探しています。良い土地ありますかワン?

不動産会社の猫山さん
最新情報で、おススメの物件がございます。今日出たばかりの掘り出し物ですニャ~。

家を建てたい犬川さん
いい土地ですね!直ぐに見せてくださいワン!

こうして、犬川さんは土地を衝動買いしました。

その後、気に入った建築会社を見つけて、相談に訪れます。

家を建てたい犬川さん
私、家を建てたいのですが。

建築会社の佐々岡社長
いらっしゃいませ。お話を詳しくお聞かせください。

家を建てたい犬川さん
土地はすでに買っています。この土地です。

建築会社の佐々岡社長
拝見させていただきます。

家を建てたい犬川さん
どうですか?いい土地だと思っているのですが。

建築会社の佐々岡社長
第一種低層住居専用地域で建ぺい率と容積率が40%と80%。低層住居専用地域だから壁面後退制限もありますね。制限が結構ありますね。

家を建てたい犬川さん
この土地買うの大変だったんですよ。不動産屋さんに色々と交渉してもらって・・・やっと手に入れた土地なんです。

建築会社の佐々岡社長
ん!?道路と高低差2m!しかも盛土をしているので地盤改良をすることも必須!これは家以外にさらにお金がかかってしまう土地ですよ!

家を建てたい犬川さん
予算は〇〇万円で、リビングは20帖以上の吹き抜けにして、子供部屋にはロフトをつけて・・・(中略)・・・な感じの家にして欲しいんです。

建築会社の佐々岡社長
犬川さん、それではこの土地にどれくらいの大きさの家を建てることができるのかをお話させていただきます。まず建ぺい率と容積率から・・・(中略)・・・というような家になります。

家を建てたい犬川さん
・・・、そんな小さい家しか建てられないんですか?

建築会社の佐々岡社長
あとは、道路との高低差があるので、造成工事の費用として少なくとも200万円は掛かると思います。あと給排水工事費として・・・(中略)・・・諸経費はこのくらい見ておいた方が良いですね。

家を建てたい犬川さん
・・・、そんなにお金が掛かる土地なんですか?!・・(◎_◎;)。

建築会社の佐々岡社長
ご予算から造成工事の予算を見積もって、給排水工事と・・・(中略)・・・家にかけられる予算が〇〇円となります。〇〇円だと当社の標準仕様から計算すると、20坪前後の延べ床の家になります。

家を建てたい犬川さん
・・・、土地を売って出直してきます。

建築会社の佐々岡社長
いやいやこういった場合は仲介手数料をいただいておりませんので、安心してお任せください。

犬川さんのお話は分かりやすくするために少しオーバーめに表現していますが、家の予算と家を建てるのに必要な経費が分からずに土地を買ってしまうと、様々な問題があとで起こる可能性があります。

特に、自分が建てたいと思っている家がいくらくらいになるのか想定できずに土地を買ってしまうと、結局予算をオーバーして、「あれを削り」「これを我慢し」と、楽しいはずの家づくりが悲しいものになってしまいます。

家の予算を甘く見積もって土地を買ってしまうために起こる問題なのですが、こうなってしまえば相談を受けても家を少し調整するくらいしかできません。

かといって、総予算を増やして、目一杯、限界まで借り入れをすると、外食も出来ない、家族旅行も出来ない、最悪は、ローンを返せなくなって、家を手放すといった事態に至る場合もあります。

あとは、手数料を捨てる事を覚悟して土地を売却する以外に根本的な解決策は無くなってしまいます。

それでは次に、建築会社を先に決めるとどうなるでしょうか?

建築会社を先に決めた場合

家を建てたい犬川さん
私、注文住宅を建てたいんですが。

建築会社の佐々岡社長
いらっしゃいませ。お話を詳しく伺わせてください。

家を建てたい犬川さん
建てる土地は買っていないんですが、注文住宅の話を聞かせていただけますか?

建築会社の佐々岡社長
土地を探すのも手伝わさせていただきますので、ご安心してください。まずは当社の実例を見てください。

家を建てたい犬川さん
私、佐々岡社長の建てた家が気に入りました。

建築会社の佐々岡社長
ありがとうございます。

家を建てたい犬川さん
でもこんなにいい家だったら予算が心配です。

建築会社の佐々岡社長
それではご予算と間取りなどのご希望をお伺いしてよろしいですか。ご予算を元に総額の概算書を作成いたします。項目別にどのくらいの金額なのか簡単に分かりますので、不安が解消されますよ。

家を建てたい犬川さん
お願いします!

建築会社の佐々岡社長
犬川さんのご要望ですと、家のご予算はこのくらいを想定して、設備もこだわっておられますので・・・(中略)・・・このような資金計画となります。当社でご希望の家を建てられるなら、この金額以内の土地を購入されると予算内で収まりますね。土地はどの地域がご希望ですか?

家を建てたい犬川さん
この辺りの土地がいいんですが、予算内でいけますか?

建築会社の佐々岡社長
土地には、いざ建物を建てるとなると、様々な法律上の規制が付いてきます。ご紹介する前にそれらのことはキッチリと調査した上で、後々の資産価値も加味してご紹介させていただきます。きっと犬川さんに合った土地は見つかりますよ。夢咲住宅を一緒に建てましょう。

家を建てたい犬川さん
よろしくお願いします!

まとめ

注文住宅を一から始める場合、「土地を先に買うのか」、「建築会社を先に決めるのか」と言われれば、間違いなく建築会社を先に決めた方が失敗の少ない家づくりができます。

今回ご紹介したように、建物の総予算を先に考慮してから土地探しを始めることが安心して進められる家づくりの秘訣ですね。

これから土地を探そうと思っている方は、不動産情報も豊富なマルワホームに一度お声を掛けてみてください。きっと近道になるはずですので、まずはどんな家を建てたいのかというところからご相談ください。

今日の疑問解決

土地と建築会社どちらを先に決めるといい?

土地より建築会社を先に決めた方がいい。
土地と家は総予算の一部で付帯費用も把握しておこう。
建物に必要な総予算を出してから土地を購入すると失敗が少なくなる。